3.国際文化交流科

 



上の写真は左端陸橋の右にある茶系7階建てビルが教育会館(アネックスパル)です。

【国際文化交流科】の授業は6階の611号教室で行われることになりました。

 コロナ禍の最中であるため、受講中でも皆さんマスク姿が当たり前になっています。

 


3.国際文化交流科


 2021年度の入学式は4月4日、

中之島の大阪国際会議場で入学式が行われました



 第一回目の受講日は4月12日(日)

教室内の机椅子の配置もコロナの現況に即していて、

出来るだけ個人間の間隔を空けた配置での受講となっています。

教室入室時の検温、手消毒も勿論入念に行われています。



★4月12日(月) 

10:10〜10:30までラジオ体操と連絡事項があった後、

10:30〜12:30講義がありました

講座テーマは

『グローバル世界と日本』 

講師は楠本雅幸氏でした

松下電産、アメリカ勤務、大阪府国際交流監、関西日蘭協会、大阪日米協会、

大阪府日中友好協会、歴史街道推進協議会に関わって来られた方でした


人口減少、中国の国家資本主義の伸長リスク、デジタルグローバル化、脱炭素化、

今後、高齢者に求められているもの、、

以上のような時代認識と今後のシルバーデモクラシーの流れについてでした

12:30〜13:30までの昼食・休憩時間ですが

話が少しずれ込む形で講義が終わりました

午後は、自己紹介、年間学習・行事予定等の説明がありました



★4月19日(月)

講座テーマは

『大阪はこれからこう変わる』〜大阪における国際交流〜

講師は阪南大学国際観光学部教授松村嘉久氏でした





◎「100年変わらない街はない!」
 伝統と文化を「守る」と「創る」の戦略が不可欠だということ
◎「4分の1世紀ごとの激変」
 高度成長終焉とバブル崩壊、人口減少社会とインバウンド時代の到来、
地域内での競争・競合から協力・協働へ、地域分断から統合へについて話されました
◎「すでに決まっている大阪の近未来」
(予測できる未来は知っておいた方が絶対に良い!)
大阪の今後の具体的な都市計画を説明されました
◎「今後の大阪の課題」
 大阪府市の地域構造は西高東低、北高南低が予想されるのでその対策が課題となる
以上4つについて話されました

今後の
コロナ禍の緊急事態宣言もあるので
この日は
そのまま午前の受講のみで
下校ということになりました
 

3.国際文化交流科

  上の写真は左端陸橋の右にある茶系7階建てビルが教育会館(アネックスパル)です。 【国際文化交流科】の授業は6階の611号教室で行われることになりました。  コロナ禍の最中であるため、受講中でも皆さんマスク姿が当たり前になっています。   3.国際文化交...